07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | コメント: --

つかの間の休日 

今日は一週間に一度しかない日曜日。(あたりまえか)

朝9時半頃から図書館に出かけ、のんびり本でも読んで過ごそう。

イスに腰掛け、読みかけの本を取り出す。

(読みかけといっても、これが5回目の読み返し)

本のタイトルは「神霊の世界に覚醒して」。

シャーマニズムとシャーマンについて記された本で、

人間が自然や神霊とどう係ってきたのか、自然や神霊の力を借りることにより、

何ができるのか、シャーマニズムの実践方法などわかりやすく解説されています。

まさにスピリチュアル、ヒーリングの原点ここにありといった内容です。

ページを開き、読み始めるも5~6ぺージほど読み進んだころから、

ものすごい睡魔に襲われ、しぜんとまぶたがとじる。

やはり体は正直で、自分では大丈夫と思っていても、かなり疲れているようです。

ここは肉体の求めに従うことに。

ゆっくり本を閉じ、静かに目を閉じ腕を組む。

やがて目が覚め、時計を見ると11時半。

その後、あちこちぶらぶらし、帰宅後、遅い昼食、そしてシエスタ。

良くこんなに眠れるものだ。(沖縄に台風が接近しているのに、ノーテンキな奴)

夕食、入浴を済ませ、パソコンに向かう。

ここまで打ち込んだところで、またまた襲い来る睡魔。

耐えられそうもないので、このへんで終わりにしたいと思います。

次の更新まで、しばらく間があきそうです。

土曜か日曜日には更新したいとおもいます。

ではお休みなさい。




スポンサーサイト

[edit]

心の声に従う 

長い長い一週間がようやく終わりました。

まるで一週間に10日分位働いた気分です。

腕のほうは、違和感を感じていた数ヶ月まえの状態まで回復しています。

完治させる為には、やはりお医者さんに頼る必要があるのかもしれません。

しかし、来週以降の仕事量を考えると、通院する時間など、とれるはずもありません。

しばらくは、騙し、騙し使うしかないようです。

実際の話、金曜日の午前中までは、土、日と休日出勤を指示するつもりでしたが、

昼食後、一人静かに眼を閉じ心を鎮めると、これまでも度々起きているよううに、

魂と理性との勢力争いの始まりです。

現実的(これが、本当の現実だとすれば)に判断すれば、二日間とも、

出勤の指示をだすべきところですが、今回は魂がそれに待ったをかける。

魂の言い分は、彼らにも愛する家族や恋人がいるはず。

その、愛する人々に寂しい想い、悲しい想いをさせてまで

やり遂げなければならない仕事とは、どんな仕事なんだ?。

仮に、そこまでしてやり遂げたとして、得られるものは?。

そして、失うものは?。

その瞬間、総ての迷いが消え、即座に結論に至る。

土曜日はあきらめてもらうとして、(やはり心が痛む)、

日曜日だけでも休ませよう。

そう心に決め、午後一で召集をかけ、その旨をつげる。

まるで、狐にでもつままれたような顔、顔、顔。(どうやら、全員覚悟を決めていたようだ)

次の瞬間、いっせいに安堵の表情、同時に不安顔。

そして、持ち場に散っていく。

果たして、結果はどう出るか?。それは月曜日以降のお楽しみ。

そして、結果がどう出ようが、後悔はしないつもり。

なぜなら、今回は魂の導きに従い決断したことだから。

そしてエゴを捨てた時のみ、心の声が聞こえると知っているから。

今回は結果を予測せず、ニュートラルな気持ちで、来週に備えよう。

そして、明日は、つかの間の休日を思う存分楽しむとしよう。















[edit]

オリンピックを契機に想う。 

遅ればせながら、今回のオリンピックで印象に残ったことを書いてみたいと思います。

特に印象深かったのが、バレーボール女子準々決勝「日本対中国」

双方一歩も譲らず白熱した好ゲーム。どちらが勝ってもおかしくない試合内容でした。

結果はご存知のとうり。日本がフルセットの末中国を破り、その後、銅メダル獲得。

日本人として、日本人選手、日本チームの活躍は素直に嬉しいのですが。

敗戦に涙する中国選手の姿が画面に映し出された瞬間、ある想いがわいてきました。

同時に以前の自分とまったく違う観点から試合を見ている自分に気づいたのです。

そこには、勝ち負けにこだわらず、純粋にゲームを楽しんでいる自分がいたのです。

勿論、勝負事ですから、必ずどちらかが負けるわけですが、。。。。

誰一人、敗者を作り出さないゲーム、競技がつくれないものですかね。

選手、観戦者、総ての人が勝者であり、総ての人がハッピーな気分を味わえる。

そんなゲームができるといいですね。

国別のメダル獲得数なんか表示する必要があるんですかね?

今まで国家と言う名のもと、国家と言う枠組みのために、

どれ位の人間が命を落としてきたのでしょう。

今、このような時代だからこそ、五輪の輪の意味をもう一度考えてみるべきでは?。






[edit]

痛みから教訓を得る 

久しぶりの更新になります。

お盆休み前の仕事がようやく一段落し、休み中は毎日更新しようと思っていたのですが、

突然のアクシデントにみまわれてしまいました。

休み初日の12日から、左上腕部に激しい痛みを感じ、左腕を動かすことすらできなくなってしまったのです。

数ヶ月前から、左肩付近に若干の違和感と痛みは感じていたのですが、

たいしたことはないと想い、ほったらかしにしておいたのですが、

ここ数週間の酷使に、遂に左肩が悲鳴を上げてしまったのです。

12日の夜から痛み出し、13日、14日と夜も眠れないほどの痛み。

15日の朝、遂に耐え切れなくなり薬局へ湿布薬を買いに行くことに。

(病院へ行ったところで、どうせ痛み止めとシップを処方されるだけでしょうから)

いつもなら、霊氣だけで対処を試みるのですが、17日から仕事ですからあと2日で、

ある程度回復させる必要があるため、今回は霊氣と湿布の併用を試みることに。

左肩に湿布をはり、患部に手をかざす。(手を触れると痛みが走るため、今回は、かざすだけ)

これが驚いたことに、絶大な効果を発揮、15日の夕方には、痛みが引き始め、

よるには、少しずつ、腕が動かせるように、16日朝には、じっとしていれば殆ど

痛みを感じないまでに回復、17日は湿布の匂いをプンプンさせながら出勤、

事情を部下に説明し、軽作業に専念し帰宅。(勿論残業)

そして、今日18日は腕を下げた状態であれば少し重たいものを持てるまでに回復。

まさに、劇的な回復を見せたのです。

(霊氣の効果については、今までの実績から疑いの余地はありませんが)

今回の突然の痛みを経験して気づいたことは、現実に痛みや、不安、悩みを抱えている人々に、

楽しい場面を想い浮かべろと言いう事自体無理な注文だと言う事。

そして、普段何も感じず行っている動作、例えば、顔を洗う、頭を洗う、シャツを着る、脱ぐ、

靴下を履く、両手で食事をする、紐を結ぶ等など。

こういった動作が普通にできる喜び。そして、こういった動作が普通にできない人もいると言う事。

毎日の酷使に耐え続ける肉体に感謝し、いたわり、肉体の発するサイン耳を傾けること。

もひとつおまけに、「転んでも、ただでは起きない」

貴重な教訓を得られた、ここ数日でした。

腕のほうは、まだ万全とは行きませんが、無理のない範囲で使用しつつ回復をまちます。

仕事の量も、来月いっぱいは、日曜、祭日返上と思われるぐらい満杯状態です。

ブログの更新も週一回ぐらいできればよいほうかも。

訪問してくださる方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。








[edit]

勝利を祈って 

今日もPM11:00頃帰宅。

夕食、入浴、オリンピック観戦。

次の日のことをかんがえると、少しでも睡眠時間を増やすのが、

常識ですが、このまま寝るのがなんとなくアホらしくて、

ついつい夜更かししてしまうまいにちです。

現在、女子サッカー,日本対フランス戦を観戦しながらパソコンに向かっています。

たった今、日本が2点目を決めたところです。

その後はピンチの連続。(ハラハラ、ドキドキ)

キーボードを打つ手が進みませんので、今日はこのぐらいにして、

なでしこジャパンに声援を送りたいと思います。

[edit]

頑張れ日本、頑張れ自分 

久しぶりの更新です。
先日お伝えしたように仕事量がハンパな量ではありません。

通常、あの内容、仕様であれば、一週間で12~13本が限界のところに、

25本も突っ込まれている。生産管理の連中は工程表に書き込めば、

自分の仕事は終わりと言わんばかりで後は丸投げ状態。

しかも、親玉が工場長ときているから呆れて物も言えない。

現場は連日、猛暑の中、汗だらけで頑張っている。

涼しいところで、パソコンばかり見てないで、ケツ上げて納期交渉にでも出ろ。
(すみません下品でした)

いずれにしても、来週半ばが勝負です。

したがって、来週は自分が陣頭に立って指揮を執るつもりです。

万が一、納期遅れを出した場合(可能性おおいに有り)、

全責任を自分ひとりで被るつもりでいるからです。(ホレボレ)

冗談抜きで非常に厳しい。

考えをめぐらせても、できない理由なら、いくらでも浮かんでくる。
それを振り払い、この難局を切り抜けることに意識を集中しよう。これまで、何度も修羅場を潜り抜けてきたはず。

今こそ、その経験を活かすときだ。

必死で頑張れば奇跡が起きるかも。(神風でも吹かせるか)

今夜は、鮮やかに、仕事がかたずいていくイメージをもちながら、

眠りにつくとしよう。





[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。